株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

早期強度発現型裏込め注入材

技術情報

早期強度発現型裏込め注入材

TAC技術情報 B-015001

 裏込め注入の目的は、シールド掘進時に発生するテールボイドを即座に充填し、セグメントを固定して地盤沈下や既設構造物への影響を防止することです。裏込め材の一時間強度は、一般部でσ=0.03~0.05N/mm2、急曲線部でσ=0.1~0.2N/mm2が標準です。
 一方、シールド通過後まもなく周辺地盤以上に強度を発現すれば、より確実な地山の保持が可能です。例えば一軸圧縮強さが0.5N/mm2以上であれば、N値30超の洪積粘性土に相当します。
 エア系材料を代表するNEOTAC工法は、一時間0.3N/mm2以上の設定強度でも、配管圧送時の材料分離抵抗性、注入中の充填性、注入後の早期強度発現性に優れていますので、現場条件に応じた様々な配合の選択肢を有しています。

早期強度発現型裏込め材1m3当り配合例
配合ケース A液 B液
硬化材 助材 起泡剤 安定剤 空気 塑強調整剤
タックメント TAC-α TAC-2号 TAC-Re 清水 空気量 TAC-3G
①300-80配合 300kg 30kg 0.5kg 3.0kg 672L 138L 80L
②300-90配合 300kg 30kg 0.5kg 3.0kg 664L 137L 90L
③500-100配合 500kg 30kg 1.0kg 5.0kg 590L 135L 100L
配合試験結果例(20℃標準養生)
試験項目 ①300-80配合 ②300-90配合 ③500-100配合
A液比重 規格値 1.09±0.10 1.10±0.10 1.25±0.10
A液フロー値 測定値 390×390 380×380 330×330
規格値 300~500mm
ゲルタイム 測定値 15.7 17.1 8.0
規格値 20秒以内
一軸
圧縮
強度
1時間 測定値 0.36~0.39 0.57~0.61 1.12~1.20
規格値 0.3 N/mm2以上 0.5 N/mm2以上 1.0 N/mm2以上
28日 測定値 3.2~3.5 4.2~4.6 5.3~5.5
規格値 3.0 N/mm2以上 4.0 N/mm2以上 5.0 N/mm2以上
このページの先頭へ

株式会社タック