株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

採用情報

職場レポ(社員インタビュー)

山崎昇一

当社を選んだ理由

備前市の高校3年の時、就職フェアでタックのことを初めて知りました。「スケールの大きい仕事」「クレド活動をするなど人材育成に力を入れている」ことに興味を持ち、入社を決めました。

仕事の内容

最初の配属は技術課、そして現在の工事課で配線作業、現場での試運転、確認を行っています。経験を追う毎に現場に行ってお客様からの要望に対応したり、問題の解決にあたるようになりました。ゼネコンの現場監督さんなどと直接やりとりする機会が増えて自社の製品をよりリアルに感じるようになっていると思います。

仕事の魅力

ある大阪の現場で工事中に不具合が起こり機械がうまく作動しないことがありました。現場に駆けつけ、あれこれ試したもののうまく行きません。監督さんも工期もあるし作業員さんの手が止まってしまいます。先輩たちとも連絡を取りながら、原因を探った結果、ポンプに問題があることがわかり、無事解決できたのです。この経験を経て自信にもなったし、落ちついて考える習慣が少し付いたように感じます。

今後の目標

自分でプラントの配線ができるようになりたいです。これからどんどん数をこなしていって現場に行ってもお客さんからの質問に何でも答えれるようになりたいですね。これから新しい現場が始まり、責任範囲も増えるので不安もありますが、楽しみです。

職場レポ(社員インタビュー)
このページの先頭へ

株式会社タック