株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

interview04

職場レポ(社員インタビュー)

新免伸康

当社を選んだ理由

下水道の設計を約12年間経験した後、「経験を違う分野で行かしてみたい」と考え、転職活動をしている頃にタックを知りました。シールドトンネル工事の中に裏込め材というのは知っていましたが、これほど奥が深いとはびっくりしましたね。営業と言っても単にモノを右から左に動かすのではなく技術的な知識と経験が求められる理解したのでお世話になることにしました。

仕事の内容

新規、既存取引先からの見積り依頼や技術的な質問への対応。入札案件に関しては全国から依頼があります。数が多いので電話が中心ですが、いろんなご相談に答えるうちに「一度も会ったことはないけど旧知の中」のようなお客さんはたくさんおられます。あと、全体設計の見積りをする際に必要なので自治体や設計コンサルタントから技術協力という形で相談を頂くケースも増えています。

仕事の魅力

「やっぱりタックさんは技術がすごいねえ。さすがだなあ」とお客さんから認めて頂ける機会が増えることです。タックはパイオニアとして多くの経験をしてきましたし、現場での対応はどこにも負けないと自負しています。それを多くのお客さんに知ってもらいたいというのが一番ですね。いつもうまくいくわけではありませんが(笑)
それとタックは個人プレーというより「チームで共に作り上げよう」というムードがあるのがいいですね。私が過去に経験していた設計の仕事はどちらかというと個人作業が多かったですから。私は大阪にいますけど困ったらいつでも相談できるし、仲間がいるというのは常に意識できています。

今後の目標

価格競争とは無縁の真のブランド企業になって行きたいです。そのためにも「明るく」「元気で」「コツコツ型」の新しい仲間を増やしたいと思っています。

職場レポ(社員インタビュー)
このページの先頭へ

株式会社タック