株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

会社情報

代表あいさつ

好感度No.1の技術者集団を目指して
社員一人ひとりが物語の主人公に!

当社は、陶磁器や耐火原料の採掘販売業として1932(昭和7)年に創業しました。現在のシールド工事に関わる事業は、1976(昭和51)年からになります。

シールド工法は1818年にイギリスで開発されました。日本に輸入されて最初の本格的な工事の採用は、1939(昭和14)年の関門鉄道トンネルでした。その後、第二次世界大戦を経て、1960(昭和35年)に覚王山トンネル工事が、さらに日本独自の研究開発により、1967(昭和42)年に泥水式シールド、1974(昭和49)年に土圧式シールドといった密閉型シールドが開発されました。

当社は、1976(昭和51)年に、2液型裏込め注入工法を日本で初めて開発・発表し、それまでのシールド工事を画期的に進歩させ、現在まで1,200現場を超える実績を有します。

現在の社名は、1992(平成4)年、創業60年の節目に変更しました。ロゴは「円に月を並べた、裏込めのイメージ(円がシールド、月が裏込め)」です。同時に、「シールド=太陽、裏込め=月」で昼夜を問わず現場と共に働きますという強いメッセージを込めています。

私たちは、「シールド工事の地盤沈下ゼロ」の実現に向けて、一人ひとりが「タック国内物語」、「タック海外物語」の光り輝く主人公として世界のシールド現場で活躍し、家族、地域、将来世代の子供たちから、感謝応援され続ける企業を目指します。

このページの先頭へ

株式会社タック