株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

高密度クレーショック

技術情報

高密度クレーショック

TAC技術情報 C-016001

高密度の可塑状充填材

概 要

 高密度クレーショックは、クレーサンドTAC-βに増強材TACソリディを配合することで、従来のクレーショック(密度1.261.36g/cm3)よりも粘性土相当(密度1.49g/cm3)まで高密度、高強度を実現した可塑状充填材です。これにより、クレーショックに比べて、更に高い安定性を確保することができます。


高密度クレーショック配合(1.05m3当り) 密度:1.49 g/cm3
A液1.0m3 B液
増強材 助材 安定剤 清水 塑強調整剤
TACソリディ TAC-β TAC-R15 TAC-3G
400 kg 400 kg 2.4 kg 696 L 50 L
お客様のメリット(従来のクレーショックよりも更に高い安定性を確保できます)
    1. シールド急曲線施工の場合
      • シールド機内から充填する高密度クレーショックは、急曲線の余掘り発生と同時に充填するので、余掘り部の崩壊防止と切削土のチャンバー内への押戻しによって、確実な余掘り空間が形成でき、急曲線の線形確保が図れます。
      • 高密度・高強度の安定性と摩擦抵抗力低減効果によって、急曲線通過時のシールド機周辺地山の緩みを防止でき、周辺環境への影響抑制(沈下防止)が図れます。
      • 地上からの削孔・注入作業(車両片側通行・夜間作業等)が不要で、周辺環境への影響がなく、施工性が向上します。また、埋設物への影響や地盤隆起の問題が無く、安全性も向上します。
    2. 切羽の安定、沈下防止、噴発・逸泥防止、シールド機姿勢制御、発進・到達時の止水等の場合

      • 泥土圧シールドの切羽の土圧低下や地下水の噴発時にチャンバー内へ高密度クレーショックを充填することによって、噴発を防止し切羽の土圧保持が可能です。また、シールド再発進も容易です。
      • 土質の急変等による掘削土の過剰取込み時には、シールド機注入孔から高密度クレーショックを加圧・充填することによって、シールド機通過(裏込め注入)までの周辺の地盤変位を抑止します。
      • 軟弱粘性土等での掘進ではシールド機がノーズダウンする場合があります。高密度クレーショックをシールド機下部から注入することによって、シールド機のピッチングを上げることが可能です。
特 徴
      1. 従来のクレーショックと比較して、約1.2倍の粘性とせん断強さを有しています。

        B  粘性:直後500dPa・s以上

        <粘性 [dPas]

        直後

        1時間

        3時間

        6時間

        1日

        3日

        7日

        クレーショック

        500

        500

        500

        550

        550

        650

        700

        クレーショックハード

        600

        600

        650

        650

        700

        800

        900


        A+B液 せん断強さ:7日後4kPa以上

        せん断強さ (kPa)

        直後

        1時間

        3時間

        6時間

        1日

        3日

        7日

        クレーショック

        0.95

        1.06

        1.19

        1.40

        1.74

        2.83

        3.68

        高密度クレーショック

        1.57

        1.60

        1.74

        2.01

        2.56

        3.82

        4.91

        高密度クレーショック

      2. 高密度クレーショックプラントは、大型低床トラックに車上搭載できるコンパクトなタイプです。 クレーショックハードプラント
技術登録:「クレーショック工法」

1) NETIS登録番号:KT-160022-A      2) NNTD登録番号:1162

このページの先頭へ

株式会社タック