株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック logo
文字サイズ
  • 中
  • 大

ミキサ車混合CBモルタル

技術情報

ミキサ車混合CBモルタル

TAC技術情報 I-018001a

施工性を向上させ周辺環境への影響も抑制できる新CBモルタル

概  要
 CB(セメント・ベントナイト)モルタルを現地で作液・打設するには、様々な資機材と労力が必要です。
 タックは、施工性を向上させ周辺環境への影響も抑制できる新CBモルタルを開発しました。
 新CBモルタルは、生コンクリートを運搬するミキサ車に特殊クレーサンドと特殊流動化剤によるクレーサンド溶液を混合・作液して打設箇所まで圧送するもので、省力化・省スペース化・高環境での施工が可能です。
新CBモルタルの配合 1m3当り
配合ケース ミキサ車運搬 現地混練
硬化材 1 特殊 クレーサンド 特殊 流動化剤1 特殊 流動化剤2 2
高炉セメントB種 (3.04) 清水 (1.0) TAC-α-EX (2.6) FTA-EX (2.10) FTA–L-EX (1.20) 清水 (1.0)
C=500 500 ㎏ 553 L 40 ㎏ 1.0 ㎏ 0.5 ㎏ 266 L
C=600 600 ㎏ 520 L 40 ㎏ 1.0 ㎏ 1.0 ㎏ 266 L
C=700 700 ㎏ 487 L 40 ㎏ 1.0 ㎏ 1.5 ㎏ 266 L
C=800 800 ㎏ 453 L 40 ㎏ 1.0 ㎏ 2.0 ㎏ 266 L
お客様のメリット
  • 仕様に応じて、任意の配合を選択することが可能です。
  • 2種類の流動化剤を配合することで、必要な流動性を保持するとともに、材料分離抵抗性を確保でき、狭小現地での混練は4t車上にてクレーサンド溶液を作液後、ミキサ車(セメントミルク)に圧送して混合することで完結するため、省力化かつ省スペース化施工が可能です。
  • 残材料はミキサ車への返却が可能のため、濁水処理の省略が可能です。
  • 周辺環境への影響(騒音・振動・粉じん)を抑制できます。
特  徴
  •  配合試験結果
  • 配合試験結果測定例
    試 験 名 C=500 C=600 C=700 C=800
    生比重 1.36 1.43 1.50 1.56
    ブリーディング
    1日後)
    1.5% 0.6% 0.3% 0.1%
    J14ロート 2.45秒 2.56秒 2.80秒 3.25秒
    フロー値
    (シリンダー法)
    360×360 340×340 315×315 300×300
    一軸圧縮強度
    28日)
    ① 3.54
    ② 3.67
    ③ 3.67
    平均3.63 N/mm2
    ① 5.53
    ② 5.57
    ③ 5.65
    平均5.58 N/mm2
    ① 7.55
    ② 7.64
    ③ 7.68
    平均7.62 N/mm2
    ① 10.63
    ② 10.68
    ③ 10.55
    平均10.62 N/mm2
    呼び強度 3N/mm2以上 5N/mm2以上 7N/mm2以上 10N/mm2以上
  • 施工イメージ例
<作業手順>
① ミキサ車にてセメントミルク運搬
4t車上アジテータミキサにてクレーサンド溶液混練
③ クレーサンド溶液をミキサ車に移送
④ ミキサ車にて混合して新CBモルタル作液
⑤ 新CBモルタルを施工箇所へ圧送打設

技術情報一覧へ
このページの先頭へ

株式会社タック