株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

水希釈に強いクッション性添加材 気泡クレーショック工法

技術情報

水希釈に強いクッション性添加材 気泡クレーショック工法

TAC技術情報 A-016001

   気泡シールド工法は、注入される微細なシェービングクリーム(以下気泡)で、掘削土の流動性を向上させ、かつ掘削土の付着を防止する効果があります。さらに、気泡は圧縮性があるため、シールド制御上発生するチャンバ内土圧の変動を、その体積変化により吸収できるため、安定した土圧管理が可能です。一方、気泡自体の消泡性、地下水による消泡促進、カッタービットの二次摩耗などが問題になる場合があります。

   クレーショック工法(NETIS KT-160022-A)は、シールド発進時のチャンバ内充填、急曲線部の余掘り充填、シールド外周部の摩擦低減、滞水砂礫層部の噴発防止、掘削添加材補助等、シールド工事の補助工法として、様々な用途に利用されています。

   気泡クレーショック工法は、高粘性可塑材であるクレーショックに気泡材を混合したもので、滞水砂礫層での耐消泡性、カッタービットの摩耗低減効果が期待できる掘削添加材です。また、シールド外周に注入すれば、従来の摩擦低減効果に加えて、内圧を保持した気泡による地盤沈下抑止、クッション性による振動低減などが期待できます。

   掘削添加材としては、気泡混合率50%を推奨します。外周充填材としては、シールド通過時(機長10mの場合、1日程度)に比重1以上を確保できる気泡混合率2533%を推奨します。

気泡CS

 

気泡クレーショック配合例  (気泡中の空気量は大気圧下を示す)

気泡混合率

体積

A

B

助材

混練水

気泡(起泡溶液1%10倍発泡)

塑強調整剤

TAC-β

清水

S-UT1

空気

TAC-3G

0%

1.05m3

520 kg

800 L

50 L

25%

1.353m3

1.038m3

520 kg

(390kg)

800 L

(600L)

0.33 kg

(0.25kg)

33 L

(24.8)

300 L

(225L)

50 L

(38L)

33%

1.55m3

1.033m3

520 kg

(347kg)

800 L

(533L)

0.5 kg

(0.33kg)

49.5 L

(33.0L)

450 L

(300L)

50 L

(33L)

50%

2.05m3

1.025m3

520 kg

(260kg)

800 L

(400L)

1 kg

(0.5kg)

99 L

(49.5L)

900 L

(450L)

50 L

(25L)

100%

1.00m3

1kg

99L

900L

()内は気泡クレーショックA液1m3当り配合

経時変化測定例   (上段:比重、中段:粘性dPas、下段:ベーンせん断強さkN/m2

気泡混合率

直後

3時間

6時間

1

2

1日エア率推移

用途

0%

(クレーショック)

1.32

500

0.95

1.32

550

1.26

1.32

550

1.50

1.32

550

1.74

1.32

600

2.83

0%

充填材

25%

1.03

200

0.31

1.10

250

0.55

1.10

250

0.58

1.12

300

0.75

1.12

350

0.78

2214%

充填材

33%

0.93

150

0.27

1.04

200

0.41

1.05

200

0.41

1.07

250

0.65

1.12

300

0.75

2916%

充填材

50%

0.73

100

0.24

0.82

150

0.27

0.89

200

0.31

0.95

200

0.38

1.01

250

0.58

4420%

掘削添加材

100%

(気泡)

0.10

4.5

0

0.10

0.01

0.10

0.01

0.10

0.01

0.10

0.01

3時間後消泡

掘削添加材

 

他社製充填材との気泡混合比較例

無題

 

技術登録

1) NNTD登録番号:1267

 

このページの先頭へ

株式会社タック