株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

泥水シールド工法用 各種泥水性状と推奨対象地盤

技術情報

泥水シールド工法用 各種泥水性状と推奨対象地盤

TAC技術情報 S-016001

タックのクレーサンドは、セリサイト(絹雲母系粘土)とモンモリナイトを主成分とする無機系無公害の材料で鉱物結晶が微細で粘稠性に富んでいるため、粘土・ベントナイトのプレミックス品として鉱物系添加材注入材料、泥水材料はもとより各種注入用材料として幅広い用途に利用されております。

①泥水性状の配合および測定例(練混ぜ水:清水)

  • 測定時の清水ファンネル粘度は、 Fv=18.3~6秒。
  • 所定の泥水配合1Lを家庭用ジューサーミキサーで60秒撹拌したものを測定。
  • ろ過試験の測定値は、3MPaにて7.5分間経過後のろ水量(ケーキ厚)×2倍。
  • ブリーディング率Brは、500mlメスシリンダーに泥水を採取して上澄み液を測定。

泥水試験結果一覧(清水)無題

②クレーサンド粒径比較

  • 測定には、レーザ回折/散乱式粒度分布測定装置 LA-920 – HORIBAを使用。
  • 分散媒に清水を使用し、分散媒にクレーサンド粉体を直接投入することで測定。
  • 推奨対象地盤は、グラウタビリティー比(GR)で求められる。

GR = D15 / G85

D15:対象地盤の粒径加積曲線の15%粒径

G85:泥水の粒径加積曲線の85%粒径

GR値=11(不浸透)~24(浸透)が過剰間隙水圧の発生量を抑制するのに効果的であることがわかっている。(最適値はGr=14~16)

推奨対象地盤の15%粒径を以下の式で算出する。

 D15 = GR × G85

試験結果

③クレーサンドの製品性能および化学組成例

製品性能


品名

真比重

粒度

膨潤度

水素イオン濃度

鉱物組成

TAC-αⅡ

2.6±0.05

325

15.5

9.8

モンモリロナイト

TAC-α

山形産

2.6±0.05

270

9.0

9.7

モンモリロナイト

九州産

250

6.5

9.6

モンモリロナイト

岡山産

250

9.6

モンモリロナイト

TAC-βⅡ

2.6±0.1

250

2.5

7.7

セリサイト、モンモリロナイト、石英

TAC-β

2.6±0.1

200

1.5

6.9

セリサイト、モンモリロナイト、石英

化学組成例(%)

SiO2

Al2O3

CaO

MgO

Fe2O3

K2O

Ig-loss

58~72

17~22

0.9~1.3

0.5~0.7

4.0~5.5

2.8~3.1

5.5~7.5

④荷姿

 ジェットパックバラ(10t単位)、フレコンバック1,000kg詰、紙袋25kg詰(TAC-β)

このページの先頭へ

株式会社タック