株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

泥水二次処理剤自動添加システム

技術情報

泥水二次処理剤自動添加システム

TAC技術情報 S-017001

余剰泥水の比重・移送量に連動した二次処理剤の自動添加

概  要

 泥水式シールド工法の二次処理剤の必要添加量は、泥水中の懸濁粒子量に比例します。例えば懸濁粒子(SS)1トン当たりPACは25kg、TGスコールでは2kgです(下表参照)。しかし、掘進土質によって泥水性状が変化して余剰泥水の比重(懸濁粒子量)が変動するため、従来の方法では、二次処理剤の添加量が過剰(低比重の場合)、過小(高比重の場合)となる課題がありました。
 本システムは、余剰泥水の比重と移送量に連動して、適正な二次処理剤の量を自動添加します。これによって、二次処理剤の使用量の低減とともに脱水ケーキ量(建設汚泥)の低減が可能です。

S-017001-1

お客様のメリット
  •  二次処理剤の使用量低減、脱水ケーキ量(建設汚泥)の低減によって、コストダウンと環境負荷軽減が図れます。
  •  二次処理剤自動添加装置はコンパクトにユニット化されており、狭隘な場所でも設置可能です。
  •  TGスコールの荷姿1tonPAC12.5tonに相当するので、TGスコール使用時には貯蔵空間と材料運搬車両の低減が可能です。
特  徴
  1.  スラリー槽に移送する余剰泥水の比重および流量を計測し、計測値に基づいて二次処理剤の必要移送流量を演算・制御します。
  2.  二次処理剤自動添加装置は、希釈水用の中速ポンプと二次処理剤用の低速ポンプをコンパクトにユニット化しています。
  3.  中央制御室オペレータによる操作が可能で施工性が向上します。そして、余剰泥水比重・流量や二次処理剤濃度・添加量等を数値・グラフにて記録に残し確認できます。

S-017001-2.1

S-017001-2

施工実績

S-017001-3

技術登録

1) NETIS登録番号:KT-180039-A      2) NNTD登録番号:1249

このページの先頭へ

株式会社タック