株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

硬化型クレーショック

技術情報

硬化型クレーショック

TAC技術情報 C-017002

地山強度を有する三液式の硬化型充填材

概  要

 硬化型クレーショックは、TAC-β溶液(aⅠ溶液)とセメントベントナイト溶液(aⅡ溶液)の二液をラインミキサで混合した後、TAC-3G(B液)を1.5ショットさせる新しいクレーショックです。

C-017002-1

お客様のメリット
  •  aⅠ溶液、aⅡ溶液、B液の三液混合後にはクレーショックと同等の粘性を有していますが、経時とともに強度が発現するため、注入後の置換が不要です。
  •  aⅠ溶液とaⅡ溶液の比率を調整することで、間隙充填材から粘土モルタルまで様々な配合の選択肢を有しています。

硬化型クレーショック(粘土モルタル)配合例 (1.05m3当り)

 

aⅠ:a

混合率

aⅠ液

aⅡ液

B液

助材

混練水

硬化材

助材

安定剤

混練水

塑強調整剤

TAC-β

清水

高炉セメント

TAC-β

TAC-Re

清水

TAC-3G

1:0

520 kg

800 L

50 L

3:1

390 kg

600 L

38 kg

33 kg

2.5 kg

221 L

50 L

2:1(推奨)

346 kg

533 L

50 kg

50 kg

3.3 kg

295 L

50 L

1:1(推奨)

260 kg

400 L

75 kg

75 kg

5.0 kg

443 L

50 L

0:1

150 kg

150 kg

10.0 kg

885 L

50 L

C-016002-3

特  徴
  •  混練直後の粘性は400500dPasで、クレーショックと同等の粘性を有しています。


粘性測定例 (リオン株式会社製ビスコテスターVT-04F 2号および3号ローター使用)

aⅠ:aⅡ混合率
aⅠ:aⅡ混合後(dPa・s)
A液(aⅠ+aⅡ):B液混合後(dPa・s)
1:0
2
500
3:0
45
500
2:1(推奨) 8 450
1:1(推奨) 5 400
0:1
0.3
150
C-017002-2

※清水:0.01dPas、マヨネーズ:80 dPas、チューブグリス:300 dPas

 28日で0.020.08N/mm256日で0.020.09N/mm2の一軸圧縮強度を発現します。


一軸圧縮強度測定例

aⅠ:aⅡ混合率

28日強度

N/mm2

56日強度

N/mm2

備  考

出典:理工図書、「新ボーリング図を読む」、p165

1:0

0.01(τ =5kPa

0.01(τ =5kPa

N<2(非常に軟らかい)、<0.025N/mm2

3:1

0.02

0.02

N<2(非常に軟らかい)、<0.025 N/mm2

2:1(推奨)

0.03

0.04

N=2~4(軟らかい)、0.0250.05 N/mm2

1:1(推奨)

0.08

0.09

N=4~8(中くらい)、0.050.1 N/mm2

0:1

0.8

1.0

N>30(大変硬い)、0.4 N/mm2以上

現場施工状況

C-017002-5

施工実績

C-017002-6

このページの先頭へ

株式会社タック