株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

タックの分散・浸透剤(TACパレート・TACフィルト)

技術情報

タックの分散・浸透剤(TACパレート・TACフィルト)

TAC技術情報 A-014001

【泥水式シールド工法】

泥水式シールド工法で使用する泥水は、粘性土地盤やセメント系改良体を掘削すると粘性が著しく上昇します。タックの分散剤(TACパレート)を添加することで泥水の粘性を低下させて、振動篩を通過しやすくするとともに再利用を容易にします。また、シールドカッター前面やチャンバー内に粘性土が固着した場合には、浸透剤(TACフィルト)をさらに添加・循環することで、安定した送排泥を可能とします。

【泥土圧シールド工法】

掘削対象地盤が粘性土の場合、シールド機カッターあるいはチャンバーに注水して粘性土の塑性流動化を促すことが一般ですが、粘性土の性状によっては水との混練性が悪く、カッタースポーク、チャンバー内および圧送配管での固着による閉塞を引き起こします。このため、粘性土との混練性を向上させると同時に付着防止を促す高分子添加剤を使用することが増えています。タックは、泥水式シールドでの優れた分散・浸透剤効果を泥土圧シールドの添加材に応用して、粘性土地盤での掘削速度の維持と排土の減量化に努めています。

《 製品の特徴および状態 》
名称 分散剤 浸透剤
商品名 TACパレート TACフィルト
主成分 ポリカルボン酸ナトリウム 高級脂肪酸塩
特徴 粘土粒子表面に吸着し、表面電荷を増やして粘土塊同士の反発力を高める。物理的な立体障害を発現するため、再付着防止に効果大。粘土掘削下での泥水粘性および添加材注入率を低減する。 低発泡性の界面活性剤が粘土表面の表面張力を下げて、粘土粒子間へ泥水(添加材)を浸透させる働きがある。N値の高い洪積粘土をほぐす効果が大きい。
配合例 粘性土地盤 2~4 kg/m3
セメント系改良体 4~8 kg/m3
粘性土地盤 1~2 kg/m3
セメント系改良体 2~4 kg/m3
pH(外観) 6~7(淡茶色液体) 8~9(淡橙色液体)
比重 1.3 0.9
荷姿 TACパレート TACフィルト
《 添加材試験例 》
【泥水式シールド工法】
①泥水性状
掘削地盤 泥水比重 ファンネル粘性(秒)
砂混じり粘土 1.32 46.76
粘土 1.25 62.83
泥水式シールド工法
②分散剤添加による粘性低下効果
掘削地盤 添加量(kg/㎥) ファンネル粘性(秒)
砂混じり粘土 0 46.76
1 28.01
2 25.78
3 23.98
4 21.53
粘土 0 62.83
1 30.23
2 28.92
3 25.28
4 24.56
5 23.12
分散剤添加による粘性低下効果

【泥土圧シールド工法 加泥試験結果】
添加前性状 ①注水 ②TACパレート4 kg/㎥

TACフィルト 2 kg/㎥
③TACパレート6 kg/㎥

TACフィルト 4 kg/㎥
注入率 0% 20% 25% 30% 15% 20% 25% 15% 20% 25%
スランプ値 0.0 cm 4.5 cm 11.5 cm 15.0 cm 2.5 cm 7.5 cm 16.0 cm 3.0 cm 9.5 cm 18.5 cm
ベーン値 測定不能 2.6 kPa 1.9 kPa 1.2 kPa 5.3 kPa 3.6 kPa 1.4 kPa 3.9 kPa 2.0 kPa 1.2 kPa
定量評価 × × ×
目視
手触り
  • 駅舎部掘削に伴い採取した土砂を使用。
  • 採取土の平均含水比はw=63%であり、土質調査結果に比べて非常に高い。
  • 非常に付着力の強い粘性土である
  • 低注入率では、混練撹拌すればするほど粘性が増していくような性状を示した。
  • 注入率25%で適度な性状が得られたものの、混練に多くの時間を要した。
  • 注入率30%では、十分な塑性流動性が得られた。しかし、撹拌羽根への付着が多くみられ、チャンバー内固着等が懸念される。
  • 低注入率では混練に時間を要するが、注水のみに比べて混練時間は短い。
  • 注入率25%で注水のみに比べて低い注入率で目標とするスランプ値とベーン値が得られ、十分な塑性流動性を得られた。
  • 注水のみに比べて、撹拌羽根やスコップ等への付着も少なく、扱いが容易となった。



  • 注入率25%以下で十分な塑性流動化が得られた。
  • 加泥材の濃度を上げることで、さらにスコップ等への付着が少なく、扱いが容易になった。
    当該濃度であれば、チャンバー内固着等の懸念は無いと考える。

 

A-014001-7 A-014001-6 A-014001-8
総合
評価
このページの先頭へ

株式会社タック