株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

TACテクターP

技術情報

TACテクターP

TAC技術情報 A-015001

TACテクターPは、α-グルコースアミロペクチン(でんぷん)を原料とした植物性の粘性付与剤です。小麦粉や寒天と同様に、天然に産する増粘安定剤で、食品添加物として多く利用されており、環境に優しい無公害の材料です。
泥土圧シールド工法で利用する場合、様々な掘削地盤に併せて、使用濃度を変化させます。粘性土地盤では、0.1%程度の濃度を10~30%注入することで、カッター前面の固着やチャンバー内固着を防止します。バインダー分の少ない砂礫地盤では、粘土ベントナイト溶液と併用して、水希釈に強い高粘性な性状に変化させます。

A-015001-1

《 製品の特徴 》
  1.  粒状加工により、水に対して溶解性が良い。
  2.  高濃度でストックするため、設備ヤードが少なく済む。
  3.  濃度を変化させることで、幅広い土層に対応可能である。
《 製品の特徴 》
  1.  外観    白色粉体
  2.  PH     8.5~9.5
  3.  かさ比重  0.3
  4.  荷姿    15kg袋
A-015001-2
《 使用配合例 》

配合

含有バインダー
(%)
TAC-βⅡ
(kg/m3)
TACテクターP
(kg/m3)

(L/m3)
注入率 添加材の目的

30%以上
および岩盤
1.0 1,000 25~30% 固着防止
20~29% 5.0 1,000 25~30% 塑性流動化
10~19% 20 1,000 25~30% 塑性流動化・噴発防止
10% 315 4.5 879 30~35% 塑性流動化・噴発防止
《 粘性測定例 》
①添加材単独の粘性
TACテクターP(天然系)溶液
配 合 粘 性
20 kg/㎥ 0.5 dPa・s
50 kg/㎥ 2.0 dPa・s
TAC-βⅡ(鉱物系)溶液
配 合 粘 性
347 kg/㎥ 1.0 dPa・s
384 kg/㎥ 2.5 dPa・s
②2液併用の粘性
テクターショック(TACテクターP溶液:TAC-βⅡ溶液=1:10)
TACテクターP TAC-βⅡ 粘 性
20kg×1/11=1.8 kg/㎥ 347kg×10/11=315 kg/㎥ 20.0 dPa・s
50kg×1/11=4.5 kg/㎥ 347kg×10/11=315 kg/㎥ 40.0 dPa・s
20kg×1/11=1.8 kg/㎥ 384kg×10/11=349 kg/㎥ 60.0 dPa・s
50kg×1/11=4.5 kg/㎥ 384kg×10/11=349 kg/㎥ 70.0 dPa・s
※ビスコテスター使用:水の粘性:0.01dPa・s

A-015001-3

《 施工実績 》
施主 施工会社(工事期間) 工事名(略称) 備考
滋賀県 大日本・デロースJV
(2004.8~2005.8)
東北部長浜第2幹線管渠工事 湖沼水質保全
福岡県 西松建設・大豊建設JV
(2005.3~2005.8)
福岡208号矢部川橋P2基礎工事 ケーソン滑材
(海苔養殖)
滋賀県 西松建設・西村建設JV
(2005.7~2006.6)
琵琶湖流域下水道湖南中部
第2幹線若宮・上田工区管渠工事
湖沼水質保全
福岡県 西松建設
(2006.6~2006.11)
福岡208号矢部川橋P2基礎工事その2 ケーソン滑材
(海苔養殖)
滋賀県 桑原組・高島建設JV
(2012.10~2013.6)
琵琶湖流域下水道東北部愛東東幹線清水2工区管渠工事 湖沼水質保全
滋賀県 山東・西村JV
(2014.9~2015.3)
愛東東幹線小田刈2工区管渠工事 湖沼水質保全
このページの先頭へ

株式会社タック