株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

NEO-TAC・S

技術情報

NEO-TAC・S

TAC技術情報 B-017004

起泡性・安定性に優れたNEO-TAC工法

  要

 NEO-TAC工法は、A(モルタル)中に気泡を混入(空気量がA液の15%)した二液性可塑状型裏込め注入工法です。気泡による材料特性と注入中のクッション作用によって、地盤沈下抑止でき、周辺環境への影響抑制が図れます。
 NEO-TAC工法の従来起泡剤に替えて、起泡性・安定性に優れる新起泡剤TACフォームEとすることで、起泡剤使用量の低減と、安定性の向上を実現できました。

1:試験実施配合 1m3当り

A 液

B 液
タックメント TAC-α 従来品 TAC-Re 清水 空気量 TAC-3G

230 kg

20 kg

0.5 kg

2.3 kg

724 L

143 L

50 L

タックメント

TAC-α

新起泡剤

TACフォームE

TAC-Re

清水

空気量

TAC-3G

230 kg

20 kg

0.2 kg

2.3 kg

724 L

143 L

50 L

お客様のメリット
  •  新起泡剤TACフォームEはミックスフォーム方式においても750倍発泡を実現し、従来起泡剤(300倍発泡)に比べ高い起泡性を有しているとともに、不分離や耐自然消泡の安定性にも優れており、1m3当りの使用量を大幅に低減させることができます。
2:室内試験とプラント混練の裏込めA液性状比較

項 目

経過

生比重測定

フロー値測定

ブリーディング

TACフォームE

0.2 kg/m3

従来品

0.5 kg/m3

TACフォームE

0.2 kg/m3

従来品

0.5 kg/m3

TACフォームE

0.2 kg/m3

従来品

0.5 kg/m3

 

室内試験

測定値

直後

1.03

1.03

395

395

0%

0%

1時間

1.02

1.03

405

375

0%

0%

3時間

1.03

1.05

420

390

0%

0.5%

 

実機混練

測定値

直後

1.03

1.03

380

410

0%

0%

1時間

1.04

1.04

380

390

0%

0%

3時間

1.04

1.06

390

420

0%

0.5%

規格値

 

1.03±0.10

300~500mm

NEO-TAC・S

  •  実掘進施工でのTACフォームE0.2kg/m3は、従来品0.5kg/m3と比較しても流量・圧力ともに大きな差異は見られず、使用量を低減しても安定した施工が可能です。
3TACフォームEと従来品の実掘進施工での注入比較(実機混練)

測点

使用起泡剤

地上プラント

圧送圧力

平均

注入流量

平均

注入圧力

裏込め

注入量

裏込め

注入率

1R目

従来品

 

 

0.02~

0.05 MPa

 

圧送流量 80L/min

84 L/min

0.38 MPa

2,665 L

147 %

2R目

従来品

84 L/min

0.38 MPa

2,650 L

146 %

3R目

従来品

86 L/min

0.36 MPa

2,686 L

148 %

4R目

従来品

88 L/min

0.35 MPa

2,739 L

151 %

5R目

TACフォームE

86 L/min

0.33 MPa

2,604 L

144 %

6R目

TACフォームE

87 L/min

0.35 MPa

2,601 L

143 %

7R目

TACフォームE

88 L/min

0.36 MPa

2,596 L

143 %

8R目

TACフォームE

87 L/min

0.35 MPa

2,476 L

136 %

特  徴
    1. フロー値測定(円筒フローコーン)
      TACフォームE0.2kg/m3は、従来品0.5kg/m3と同等の流動性、圧送性を有しています。


NEO-TAC・S-2

このページの先頭へ

株式会社タック