株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック logo
文字サイズ
  • 中
  • 大

NEO-TAC工法

技術情報

NEO-TAC工法

TAC技術情報 B-013002-2

地盤沈下を抑止するエア系二液性可塑状型裏込め注入工法
概  要
B-013002-1 NEO-TAC工法は、A(モルタル)中に気泡を混入(空気量がA液の15%)した二液性可塑状型裏込め注入工法で、気泡による材料特性と注入中のクッション作用によって、地盤沈下を従来以上に抑止でき、周辺環境への影響抑制が図れます。  
お客様のメリット
  • A液は単位水量が少なく粘性があるため、静止時にも材料の沈降分離が無く、長距離圧送が可能です。
  • 微細な気泡のベアリング効果によって、テールボイドへの充填性が向上します。
  • 裏込め注入材が強度発現するまでは、気泡のクッション作用(加圧注入された注入材中の気泡はテールボイドの圧力に復元しようとする)の残存圧力によって、注入圧力の変動を平準化し、周辺地盤への応力変化を低減して沈下を抑止します。
  • シールド機からの同時裏込め注入の場合、シールド機オペレーターが運転席で掘進に合わせた自動裏込め注入が可能で、注入圧・量をリアルタイムに管理します。そして、注入データは掘進1リング毎に数値・グラフにて記録に残して確認できます。
  • A液の材料分離抑止によって、連続注入が可能です。その結果、A液管の水洗浄は原則1週間(6稼働日)の掘進終了後の1回で済みます。水洗浄を毎日の昼・夜勤終了後に行う場合に比べ、1週間で1/12の回数に削減でき、排水処理量の削減と施工性・経済性の向上が可能です。
特  徴
    1.  助剤(ベントナイト混入粘土、ベントナイト)は、清水で先練りしてベントナイトを水膨潤させたものをA液の作液に使用します。その結果、A液中の気泡が消泡しないで安定するとともに粘性が向上し、優れた流動性とブリーディングによる材料分離抵抗性が得られます。
B-013002-3
  1.  裏込め注入材が強度発現するまでは、気泡のクッション作用の残存圧力によって、テールボイドでの応力解放を低減できます【下図➀】。そして、裏込め注入材の強度発現時には、A液が単位水量を減少させ水セメント比を向上できていることから、早期強度発現と強度増進効果を得ることができます【下図②】。
B-013002-4
主な施工実績 (延長4,000m以上、2021年9月現在)
施工 着手年 発 注 者 工 事 名 施工場所 シールド 外径(mm) 延長(m) 備考
2021 北千葉広域水道企業団 導水管更新に伴うトンネル築造工事 千葉県 3,280 4,864 施工中
2021 京都市 新山科浄水場導水トンネル築造工事 京都府 3,950 5,235 施工中
2018 名古屋市上下水道局 名古屋中央雨水幹線下水道築造工事(その2) 愛知県 6,930 4,988 施工中
2017 関東地方整備局 横浜湘南道路トンネル工事 神奈川県 13,590 8,150 施工中
2017 東日本高速道路㈱ 東京外かく環状道路 本線トンネル(南行)東名北工事 東京都 16,100 9,155 施工中
2017 大阪市 大隅~十八条幹線下水管渠築造工事(その10) 大阪府 5,850 4,072
2016 京都府 桂川右岸流域下水道幹線管渠工事(雨水南幹線管渠) 京都府 4,040 4,053
2015 東京都 東大和市桜が丘三丁目地先から砂川中部浄水所間送水管(2000㎜)用トンネル築造工事 東京都 3,080 4,447
2012 東京ガス(株) 埼東幹線柿木シールド工事 埼玉県 2,350 6,638
2010 大阪ガス(株) 姫路・岡山ライン非開削工事(H3) 兵庫県・岡山県 2,280 5,527
技術登録
1) NETIS登録番号:KT-160103-A      2) NNTD登録番号:1187 技術情報一覧へ
このページの先頭へ

株式会社タック