株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

事業紹介 エアモルタル(FLOW-TAC)

FLOW-TACの特徴

助材に用いるベントナイトやクレーサンドを混練・溶解し、十分に膨潤した助材溶液を作成しておきます。
→助材先練りシステムは、エアを消泡させない最大のポイントです。

  • ①作成した助材溶液と規定量の水をミキサに投入撹拌しながらセメントを投入します。
  • ②コンプレッサで作成した圧縮空気と起泡材を強制混合する発泡筒を通過させ、シェービングクリームのようなきめ細かな気泡を作成します。
  • ③作成した生モルタルに、気泡を投入し、撹拌します。
  • ④FLOW-TACエアモルタルの完成です。
  • ⑤長距離圧送時は状況に応じて「流動化剤フロータックエイド」を添加、流動性を向上させます。
エアモルタル施工例
エアモルタル注入フロー例
●エアモルタル注入フロー
●省スペース用ミニプラント
●大容量施工用Wプラント
●発泡装置
●発泡状況
●エアモルタル打設前
●エアモルタル打設中
●エアモルタル打設完了後
このページの先頭へ

株式会社タック