株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

事業紹介 裏込め注入工

同時注入管

裏込め注入における同時注入方式とは、シールド機上部に注入管を設置し、シールド機が掘削を開始してテールボイドが発生すると同時に注入を行う方式です。
先端混合型注入管の同時注入方式は、2液混合するミキシングノズルを注入管先端部に内蔵しています。よって、セグメント注入口からと同じ原理で注入可能となり、閉塞トラブルを飛躍的に改善しました。

先端混合型同時注入管

同時注入システム

裏込め注入圧測定

注入管メンテナンス

同時注入管のメンテナンスの目安は、裏込めB液圧力や洗浄水圧力の上昇です。定期的にチューブゴムの交換が必要になります。
また、モルタルコレステロールが注入管内面およびに付着するので、TACクリーンによる管内循環やカンツールでの清掃が有効です。

このページの先頭へ

株式会社タック