株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

事業紹介 クレーショック

急曲線補助工法

技術難易度の高い急曲線施工は、様々な補助工法を必要とします。従来は地盤改良工事を通じて、曲線施工のためのシールド反力確保、シールド機周辺の余掘り確保および崩壊防止が行われていました。しかし近年は地上からの地盤改良工事が、道路交通や地下埋設物の状況、近隣建物等の工事施工環境によって制約を受けるケースが増えています。
クレーショック・ミニパッカー工法は、安全・確実に急曲線施工を行い、周辺に与える影響を最小限にできる、地盤改良に代わる補助工法です。

クレーショック・ミニパッカー工法の特徴

ミニパッカーとは

このページの先頭へ

株式会社タック