株式会社タックは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、シールド工事の地盤沈下ゼロを追求します。

株式会社タック

文字サイズ
  • 中
  • 大

事業紹介 クレーショック

【硬化しない充填材】クレーショックは、新しい用途に広がっています。

クレーショックとは

クレーショックは、クレーサンドTAC‐β(βⅡ)溶液と特殊水ガラスTAC‐3Gを比例混合させることで生成される、300〜500dPa・s程度の高粘性な可塑状充填材です。
クレーショックには以下のような特徴があります。

●充填材は流動性があり、加圧注入することで余掘り部地盤に対する充密性がよい。
●粘性が高く、間隙の大きな地盤においても十分な目詰め効果があり、余掘り部の安定性が高い。
●余掘り部に充填させることで、裏込め注入材のシールド機への回り込みが発生しない。
●地山に比べると粘着力、せん断抵抗力が小さく、シールド機外周部の摩擦抵抗力低減効果がある。

使用材料

<クレーショック配合例>1.05㎥当たり

TAC-β使用配合
A液(1㎡)B液
クレーサンド特殊水ガラス
TAC-βTAC-3G
520kg(495kg)800L(762L)50L(48L)
TAC-βⅡ使用配合
A液(1㎡)B液
クレーサンド特殊水ガラス
TAC-βⅡTAC-3G
384kg(366kg)853L(812L)50L(48L)

※( )内はクレーショック1.0㎥当たり配合

●A液、B液混合撹拌
●クレーショック生成
●分銅1kg載荷状況
クレーショックの粘性(ビスコテスター使用 清水の粘性:1cp=0.01dPa・s)
クレーショック粘性測定例(TAC-β使用)
粘性単位【dPa・s】
クレーショック粘性測定例(TAC-βⅡ使用)
粘性単位【dPa・s】
このページの先頭へ

株式会社タック